「旅」にまつわるオトクで良質な情報を分かりやすく書いています。あなたの旅はもっとおもしろくなる!

Go Toトラベルはいつまで延長?延長された場合、内容が変わる?最新情報を解説

新型コロナウイルス感染拡大により多くの人が自粛を余儀なくされ、大打撃を受けた観光地や宿泊施設。

政府は旅行者の旅費を半額相当支援することで観光を活性化させるためにスタートしたのが「Go Toトラベルキャンペーン」です。

 

7月22日にキャンペーンがスタートしてから4ヶ月以上が経とうとしていますが、その間にさまざまな変更点がありました。

12月現在、過去最高の新規感染者数を日々更新し、ここにきてまた新たな局面を迎えています。

 

そこで今回は、最新のGo Toトラベルキャンペーン情報をまとめました。

Go Toトラベルキャンペーンを利用して旅行を予約されている方や今後利用する予定の方は要チェックです!

 

【2020年12月12日追記】

新型コロナウイルスの感染者数が増加の一途をたどっているため、2020年12月15日24時までに出発する大阪市・札幌市のGo Toトラベルキャンペーンを利用したツアーや宿泊プランは予約は一時停止中(予約不可)になりました。

Go Toトラベルキャンペーンを利用していないツアーや宿泊プランに関しては、一時停止の対象ではないため予約可能です。

 

【2020年12月14日追記】

2020年12月28日~2021年1月11日までGo Toトラベルキャンペーンの利用を全国一斉に停止することを発表されました。

(12月28日チェックアウトの場合は割引対象になります。地域共通クーポンも同日まで利用可能です。)

 

・全国で停止されるまでの間、札幌と大阪を目的地とする旅行は一時停止を延長、東京都と名古屋市を目的地とする旅行は27日まで停止措置・自粛要請を行うこととなりました。

 

【2020年12月24日追記】

2020年12月28日~2021年1月11日の間に旅行の予約がある方は、12月27日24時まで無料キャンセル可能になりました。

 

【2021年1月10日追記】

2021年1月11日までGo Toトラベルキャンペーンの利用を全国一斉に停止でしたが、2021年2月7日まで停止が延長されました。

2021年2月7日までにすでに予約済みの旅行がある場合、2021年1月17日までに予約を取り消しでキャンセル規定に変わらず無料でキャンセルが可能です。

 

Go Toトラベルキャンペーン延長を検討中

Go Toトラベルキャンペーンは2021年1月末までの旅行を支援の対象としていますが、2021年6月末まで延長を検討しています。

延長される場合、キャンペーン終了後に観光需要が急激に落ち込むことを防ぐため、新型コロナウイルスの感染状況と旅行需要の回復を見ながら旅費の割引率を段階的に引き下げていくことも検討中とのことです。

 

現在、対象ツアーや宿泊プランにかかる旅行代金は35%割引し、15%分を地域共通クーポンとして配布しています。

割引率の具体的な数字は未定ですが、2021年4月~5月のGW頃から割引率を縮小する方向とのことです。

 

Go Toトラベル期間延長のポイントは以下の通りです。

・対象期間の延長:2021年6月末まで延長
(現在、2021年1月末まで)
・割引率:2021年4月~5月のGW頃から段階的に引き下げる
(現在、旅行補助35%、地域共通クーポン15%)

・旅行需要の平準化
(Go Toトラベルキャンペーンの終了後に観光需要が急激に落ち込むことを避ける)

 

Go Toトラベルキャンペーンを延長する場合、見直される点は?

旅行の分散化

Go Toトラベルキャンペーンでは、多くの人が連休や週末に旅行に出かけるためどうしても「三密」になりがちでした。

特に、北海道、東京、大阪、京都、沖縄など、人気の国内旅行先ランキングで毎年上位の観光地への密集は避けられません。

 

また宿泊施設にしても平日と週末との差が激しく、週末は宿泊者に対して従業員が不足、対応しきれないなどのトラブルもあるようです。

そこで、観光地や宿泊施設の分散化、週末や祝日前後の宿泊客の分散化ができるように見直されます。

 

観光需要の回復が遅れている地域や宿泊施設への配慮

Go Toトラベルキャンペーンの実施で、有名な観光スポットがある地域は新型コロナウイルスが流行する以前に近い状況まで観光客が戻ってきたエリアもあります。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大してからずっと観光需要が回復しない地域や宿泊施設があることも実情です。

 

このような状況により、キャンペーンを延長することで回復が遅れている場所にも恩恵が受けられるように見直しされます。

 

Go Toトラベルキャンペーンの割引率の見直し

前述の通り、Go Toトラベルキャンペーンの延長する場合、2021年4月~5月のGW頃から段階的に割引率を下げていく予定です。

延長が決定すれば、旅行代金の35%割引(1人1泊あたり最大14000円)のほかに、地域共通クーポン15%分(1人1泊あたり最大6000円)についても見直される可能性があります。

 

Go Toトラベルキャンペーンの東京都発着の対象旅行は一部自粛 12月17日まで

東京都発着のGo Toトラベルキャンペーン対象の旅行は、一部自粛を呼びかけています。

下記に該当する方は、期間内に自己申告することで旅行のキャンセル料が無料になります。

・期間2020年12月17日24時出発の旅行まで

・自粛対象者:自粛対象は東京都が目的地の旅行、および東京都在住の方の旅行のうち以下の方のみ
①感染した際、重症化する可能性が高い65歳以上の方

②感染した際、合併症を引き起こす可能性が高い、基礎疾患のある方

・自粛のためのキャンセル方法
2020年12月1日18時~12月13日24時までに予約した旅行会社や宿泊施設に自己申告し、取り消しを申し出ることでキャンセル料が無料

65歳以上の証明や基礎疾患についての証明の提出などは必要ありません。
また、この自粛の呼びかけに対する強制力はないため、自粛対象の方でもGo Toトラベルキャンペーンを利用して旅行することは可能です。

他の年代の方や基礎疾患をお持ちでない方の「自粛のための取り消し」はキャンセル料が無料になることはありません。

(予約された旅行商品の規定が優先されます)

都民割「もっとTokyo」は新規予約分の旅行を補助の対象外に 12月17日分まで

東京都民が東京を旅行する際、1泊につき5000円、日帰りの場合は2500円を補助する「もっとTokyo」は、2020年11月28日~12月17日までの新規予約分を補助の対象外にすることが発表されました。

ただし、上記の期間中に出発する旅行であっても、2020年11月25日24時以前に予約した分は補助の対象となります。

11月25日ギリギリに予約した方は、補助の対象になっているかどうか確認することをオススメします。

 

 

Go Toトラベルキャンペーンが7月にスタートしてから感染状況によって変更せざるを得ない場面が多々ありました。

キャンペーンの延長の可能性が出てきたことに関しては、利用する方にとっては嬉しい反面、内容の見直しや変更も考えられます。

最新情報が分かり次第、当ブログでご紹介していきます。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

合わせて読みたい記事

2020年5月25日に緊急事態宣言が全面的に解除され、同時に「Go To キャンペーン」という観光・飲食業界の支援策が発表されました。 旅行商品の購入やレストランの予約、イベントへの来場によって割引券やクーポン券がもらえるというもので[…]

最新情報をチェックしよう!