「旅」にまつわるオトクで良質な情報を分かりやすく書いています。あなたの旅はもっとおもしろくなる!

JALマイルとeJALポイント、ステータスの有効期限延長!FLY ONポイント2倍は中止を発表

JALの飛行機に乗って移動する機会が激減し、マイルの有効期限やステータスの維持に頭を悩ませていた方に朗報です!

JALは、JALマイルや電子クーポンの「eJALポイント」および、JALのステータスについて有効期限を延長する特別対応を公表しました。

新型コロナウイルスの影響で飛行機の運休が続き、通常運航の見通しが立たないためです。

この記事では

  • JALマイルとeJALポイントに関する特別対応の詳細
  • 搭乗実績を示す「FLY ONポイント」を2倍にする救済措置について
  • JALのステータス維持の有効期限延長に関する詳細

を解説していきます!

 

【2020年5月8日追記】

FLY ON2倍の特別措置は、2020年5月10日(日)までに予約された便を持ちまして特別対応を中止となりました。

2020年5月10日(日)までに予約、搭乗日が2020年7月31日までのものはFLY ONポイントは2倍になります。

2020年5月11日(月)以降に予約したものに関しては2倍になりません。

(※政府の緊急事態宣言の延長を受けて、不要不急のご搭乗を控えるという観点からFLY ONポイントの特別措置の内容が更新されました。)

JALマイルとeJALポイントの有効期限延長について

JALはJALマイルとeJALポイントの有効期限の延長に関して以下のような内容を発表しました。

2020年2月~2020年9月末までに有効期限を迎えるJALマイルとeJALポイントについて、有効期限が1年間のeJALポイントを積算します。

つまり、JALマイルについてはそのまま延長されるわけではなく、eJALポイントに交換して1年間有効期限を延長しまということです。

 

では、詳細を確認していきましょう。

・対象者:事前登録をしたJALマイレージバンク(JMB)会員の方

・事前登録期間:2020年3月26日~9月30日(日本時間)

・内容:
①有効期限をむかえたJALマイルは1マイルを1.5eJALポイントとして積算します。(小数点以下は切り上げ)

②有効期限をむかえたeJALポイントは同数のeJALポイントを積算します。

 

内容①についてもう少し詳しく解説します。

2020年2月~2020年9月末までに有効期限が切れるJALマイルを持っていて、有効期限が来る前に特典航空券に交換する予定のない方は、有効期限が切れても1マイル=1.5円相当のeJALポイントに交換します。

 

Mac
つまり、1マイル⇒1.5 eJALポイントになるよ!

 

【例】2020年9月末までに有効期限が切れるマイルが50000マイルある場合

⇒50000×1.5=75000円相当のeJALポイントに交換できます。 

 

内容②に関しては、2020年9月末までに有効期限が切れるeJALポイントはeJALポイントのまま再度付与してくれるということです。

 

【ご注意!】JALマイルとeJALポイントの有効期限を延長するには事前登録が必要です。
積算時期やeJALポイントの残高表示は以下の通りです。
・積算時期:
事前登録をした月までに有効期限をむかえる場合
事前登録した月の翌月下旬頃に積算
事前登録をした後に対象期間中に有効期限をむかえる場合
有効期限をむかえた9月下旬頃に積算

・eJALポイント残高の表示:
マイル→eJALポイントへの積算分:新型コロナ特別調整ポイント(マイル失効分)

eJALポイント→eJALポイントへの積算:新型コロナ特別調整ポイント(eJAL失効分)

FLY ONポイント(FOP)は2020年7月31日まで通常の2倍のポイント獲得

FLY ONポイント(FOP)とは、飛行機の搭乗が多いお客様へ特別なサービス(ステータス)を提供するための基準として、マイルとは別に反映するポイントのことです。

新型コロナウイルスの影響で運休が増え、飛行機に乗る回数が確実に減っている今、ステータスの獲得や維持をどうすればいいのか困っていた方も多いと思います。

 

その救済措置としてJALは以下のような内容を発表しました。

2020年2月1日~2020年7月31日までのJALおよびJALグループ運航便のご搭乗で獲得されたFLY ONポイントを通常の2倍として積算します。

2020年2月1日までさかのぼってFLY ONポイントを2倍で積算してくれるので、特に「マイル修行」をされている方には嬉しい対応策かと思います!

 

では、詳しい内容を確認していきましょう。

・対象者:対象期間中にご搭乗いただいたJALマイレージバンク(JMB)会員の方

・対象期間:2020年2月1日~2020年7月31日ご搭乗分まで(ご予約は2020年5月10日分まで

・対象路線:JALおよびJALグループ運航の国内線・国際線全路線
(他社が運航するコードシェア便は対象外)

・対象運賃:フライトマイル積算対象運賃

・登録方法:自動的に適用(事前登録などなし)

【ご注意!】
JALカード会員限定初回搭乗、搭乗ボーナスなどキャンペーンによるFLY ONポイントは2倍での積算の対象外となります。

FLY ONポイントと聞くとステータスを保有している人だけの話しと思いがちですが、対象者は現時点で一般会員の方も対象です。

 

「そもそもJALのステータスって何?」 という方は下図をご覧下さい。

ステータス 獲得条件(年間)
クリスタル 30000FOP獲得、もしくは30回以上の搭乗+10000FOP獲得
サファイア⇒JGC へ 50000FOP獲得、もしくは50回以上の搭乗+15000FOP獲得
プレミア 80000FOP獲得、もしくは80回以上の搭乗+25000FOP獲得
ダイヤモンド 10万FOP獲得、もしくは120回以上の搭乗+35000FOP獲得

 

JALマイレージバンク(JMB)のステータスは、1年間の搭乗実績により4段階のステータスに分けられます。

クリスタル⇒サファイア⇒JGCプレミア⇒最上位がダイヤモンドです。

サファイア会員以上になると、上位会員制度JALグローバルクラブ(JGC)に入会できます。

一度JGC会員になると退会するまではサファイア会員とサービスはほぼ同等です。

そのため、JALの飛行機修行をされる方の多くはサファイアを目指すことになります。

 

Mac
JALマイラー界隈では「JGC修行」と呼んだりすることもあるよ!

 

サファイアのステータス獲得条件として「50000FOPの獲得、もしくは50回以上飛行機に乗る+15000FOPの獲得」です。

出張族の方など、1年間に飛行機に乗る機会がかなり多い方でないと達成は難しいですよね。

 

しかし、今回の救済措置でFOPが2倍もらえるということは実質的に半分のFOPでOKなので

  • サファイア会員を獲得する場合、通常50000FOP⇒実質25000FOP
  • ダイヤモンド会員を獲得する場合、通常10万FOP⇒実質50000FOP

でOKということになります。

 

今回のJALの救済措置は、かなり思い切った対応だと思います。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により飛行機の運休や減便が続いています。

そのため現在は飛行機での移動は困難な状況ですが、対象期間内にJAL・JALグループ便に搭乗された方は、FLY ONポイントの取り扱いについてぜひ確認しておきましょう(^^)

 

JALステータスの有効期限を1年延長!

飛行機に搭乗する機会が少なくなり、ステータスを十分に活用できないステータス保持者をを考慮して、 JALがついに有効期限を1年延長する対応を発表しました!

 

内容は以下の通りです。

2019年1月~12月のご搭乗実績で達成された2020年度 FLY ONステイタス(有効期限:2021年3月末)を2021年度(有効期限:2022年3月末)までの1年間延長します。

 

例えば、現在のステータスが「サファイア」の方は、本来ならば2020年度の有効期限は2021年3月末なのですが、1年間の延長されるため2022年3月末まで有効となります。

事前登録も特になく、申請の必要もありません。

 

以上、JALマイルやステータスに関する3つの特別対応を解説しました。
この記事がお役に立てれば幸いです。
最後までお読み頂きましてありがとうございました!
最新情報をチェックしよう!