「旅」にまつわるオトクで良質な情報を分かりやすく書いています。あなたの旅はもっとおもしろくなる!

マリオットボンヴォイの無料宿泊ポイント数が変更!2019年9月14日から

2019年9月14日から宿泊する時期によってマリオットボンヴォイの無料宿泊ポイント数が変わります!

今までの必要ポイント数を「スタンダード」レート、
9月14日以降に導入されるのは「オフピーク」レートと「ピーク」レートの
合計3種類になります。

「オフピーク」「ピーク」の導入によってメリット、デメリットがあります。

ここでは、新レートの導入後マリオットボンヴォイのポイントを使って
無料宿泊する場合のメリット、デメリットをお伝えするとともに
新レートが導入される前後でやるべきことを分かりやすく解説していきます。

マリオットボンヴォイとは

マリオットボンヴォイとは、世界最大のホテルチェーンである「マリオット」の会員プログラムの名称です。

 

以前は、「マリオット・リワード」「ザ・リッツ・カールトン・リワード」「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」という3つの会員プログラムでしたが1つに統合され、「マリオットボンヴォイ」になりました。

マリオットボンヴォイのポイント宿泊特典とは

マリオットボンヴォイのポイントを貯めるとホテルの宿泊に利用することができます。

マリオットグループのホテルは、グレードによって1から8までの「カテゴリー」に分類されています。


【参考】無料宿泊に必要なポイント数

マリオットボンヴォイ「オフピーク」「ピーク」のメリット

「オフピーク」は少ないポイント数で宿泊が可能

「オフピーク」や「ピーク」の新レートが導入されることにより

宿泊希望日が「オフピーク」の場合、以前より少ないポイントで宿泊することが
できます。

 

導入前までは一年中どの時期に宿泊してもポイント数に変動がありませんでした。

つまり、閑散期に宿泊してもゴールデンウィークや年末年始などの
繁忙期に宿泊しても必要ポイント数は同じだったのです。

 

しかし、2019年9月14日から「オフピーク」と「ピーク」を導入することで
時期によって必要ポイント数に変動があるため

「オフピーク」であれば必要ポイント数は少なくて済みます。

「オフピーク」は主に閑散期に適用されるとの予想です。

比較的自由にお休みが取れる方や時間に融通が利く方は「オフピーク」を狙って
予約するのも良いですね♪

SPGカード会員は年1回の無料宿泊特典で一部のリッツカールトンホテルに泊まれる!

「SPGアメックスカード」を1年間保有していると、1泊無料宿泊特典が付与されます。

これは50000ポイントまでのホテルに泊まることができます。

【SPGアメックスカードの無料宿泊特典で利用できるカテゴリー】

・オフピーク⇒カテゴリー7

・スタンダード⇒カテゴリー6

・ピーク⇒カテゴリー5

 

オフピークの場合、カテゴリー7までのホテルを利用できるので
今まで無料宿泊特典の対象外だった憧れのホテルに泊まることができるようになります!(^o^)/

【参考】カテゴリー7の国内ホテル

・ルネッサンス オキナワ リゾート

・ザ・リッツ・カールトン 沖縄

・ザ・リッツ・カールトン 大阪

・ザ・セントレジス 大阪

・ザ・ウェスティン ルスツ リゾート

マリオットボンヴォイ「オフピーク」「ピーク」のデメリット

「ピーク」時はより多くのポイントが必要になる

宿泊希望日が「ピーク」に設定された場合、宿泊に必要なポイント数が今まで(=スタンダード)よりも多く必要になるということです。

8月23日現在、どの時期が「ピーク」もしくは「オフピーク」なのか
発表されていないため、あくまで予想なのですが
「ピーク」のレートになるのは繁忙期と予想され、以下の時期は注意が必要です。

・年末年始
・ゴールデンウィーク
・お盆前後(8月中旬)
・シルバーウィーク

ポイント数は従来(=スタンダード)よりも多くのポイント数を必要とするため
「ピーク」のレートでの宿泊はお得度が下がってしまうのがデメリットと言えるでしょう。

9月14日の新レート導入前にやっておくこと、導入後にやるべきこと

結論からお伝えすると

①新レートが導入される前の9月13日までに宿泊を希望しているホテルの予約をしておく

②新レートが導入された9月14日以降、予約しておいた日程は「オフピーク」「スタンダード」「ピーク」の、どのレートに該当するか確認する

特に、ゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期に宿泊希望する場合
新レートでは「ピーク」に設定される可能性が高くなりますので

すでに日程が決まっているようでしたら、9月13日までに予約しておきましょう!

マリオットボンヴォイのポイントでの無料宿泊は基本350日前から予約できます。
(ホテルによって予約開始日が変わるので要確認)

 

9月14日以降、予約しておいた日程は「オフピーク」「スタンダード」「ピーク」の
どのレートになったのか確認しましょう。

【宿泊希望日が「スタンダード」⇒「ピーク」になった場合】
「スタンダード」レートで予約が完了しているので、
お得に宿泊できることになります。
【宿泊希望日が「スタンダード」⇒「オフピーク」になった場合】
「オフピーク」の方がお得に宿泊できるので、
「スタンダード」のレートで予約した分をキャンセルし、
あらためて「オフピーク」のレートで予約を取り直せば損はしません。
マリオットボンヴォイのデスクに確認したところ、9月13日までに予約したホテルの
キャンセルは9月14日以降もキャンセル可能とのことです。

マリオットボンヴォイ無料宿泊ポイント数のまとめ

9月14日から新しく導入される「オフピーク」と「ピーク」レートをご紹介しました。

新レートが導入されることでメリットとデメリットの両方が存在することになります。

しかし、今までは無料宿泊対象外だったリッツ・カールトンホテルも
「オフピーク」の時期であれば宿泊可能になるなど嬉しい点もあります。

記念日や日頃、頑張っているご家族や自分自身のご褒美として
宿泊するのも良いですね♪(^^)

この記事がお役に立てれば幸いです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!