「旅」にまつわるオトクで良質な情報を分かりやすく書いています。あなたの旅はもっとおもしろくなる!

マイル初心者必見!!貯めたマイルの使い方!【番外編】

  • 2019年5月12日
  • 2019年10月26日
  • マイル

こんにちは!陸マイラーのベアです。

今回は、貯めたマイルの使い方【番外編】として「陸マイラーに大人気のANAマイルを『ANA SKY コイン』に交換して使用する」使い方をご紹介致します。

内容がANAに特化していますが、ご参考になれば幸いです!

ANAマイルは「ANA SKY コイン」に交換して使用出来る!

「ANA SKY コイン」とは、ANAのサイト上のみ使用可能な電子クーポンのことです。

1 ANA SKY コイン=1円として10コイン単位で使用できます。

ANA SKY コインは、ANAの航空券の購入や「旅作」という航空券とホテルがセットになったパッケージ商品の購入に使用可能です。

以前の記事でも書きましたが、人気の行き先になればなる程、特典航空券は取りづらい傾向があります。

ですが、マイルをANA SKY コインに交換すると特典航空券ではなく、通常の航空券を購入するのと同じ扱いになるので空席がある限り簡単に座席を予約出来ます!

ANA SKY コインのメリット・デメリット

では、ANA SKY コインのメリット・デメリットを確認してみましょう。

【メリット】

・ANA SKY コインで航空券を購入すると(現金と同じ扱いなので)マイルとプレミアムポイント(※)のどちらも貯まる。

(※)「プレミアムポイント」とは…

1年間(1月~12月)で利用したANA便やスターライアンス加盟航空会社の便を使用した場合に加算されるポイントのことです。1年間に獲得したポイント数に応じて、翌年度の会員ステイタスが決定し、ステイタスごとのサービスを受けることが出来ます。

・マイルの有効期限(3年)が近づいているが、特にマイルを利用する予定がない場合、有効期限の延長策としてマイルをANA SKY コインに交換出来る。(+1年の延長)

・国内線のプレミアムクラスの予約に使える。

(国内線プレミアムクラスはマイルでの予約は出来ない為)

【デメリット】

・1マイルの価値=2円~に対し、ANA SKY コインは1マイル≒1~1.7円の価値。つまりマイルのまま使用した方が高価値で利用出来る。

・有効期限がANA SKY コインに交換してから1年しかない。

メリット・デメリットをそれぞれ挙げましたが、ANA SKY コインはマイルとはまた違った使い勝手の良さがあり、行き先によってはANA SKY コインを使用した方がお得に行ける場合もあります。

ANA SKY コインは使い方によっては非常にお得!

ビジネスクラス・ファーストクラスを利用して飛行機に乗る場合はマイルの方がお得ですが、エコノミークラスの場合はANA SKY コインの方がお得になる場合があります。

また、特典航空券だと燃油サーチャージは別途支払う必要があり、燃油サーチャージが高い時期だと燃油代だけでも出費がかさみがちです。

このように燃油サーチャージが高い時期にはANA SKY コインを活用する方がお得になりやすいので使い方次第、工夫次第で使用の幅が広がります。

まとめ

今回はANAマイルに特化した「貯めたマイルの使い方」としてANA SKY コインをご紹介しました。

ANA SKY コインは数多くのメリットがあります。

「マイルを貯めたけどなかなか座席が取れなくて困った」

「ANA SKY コインで航空券を購入してマイルもプレミアムポイントも貯めていきたい」

このような場合、有効活用できると思います!

では、最後までお読み頂きましてありがとうございました♪

最新情報をチェックしよう!