「旅」にまつわるオトクで良質な情報を分かりやすく書いています。あなたの旅はもっとおもしろくなる!

SPGアメックスの旅行保険は飛行機や荷物の遅延でも手厚い補償。旅先でのサポートも充実!

SPGアメックスは、カードに付帯している海外&国内旅行保険、その他旅行に関する保険が充実していると評判のクレジットカードです。

そのため、旅行が好きな方にはSPGアメックスを持っているだけで安心感を得られると思います。

しかし、補償を受けられる範囲をしっかり把握しておかないと万一、事故に遭った時に補償が受けられないということもあります。

また、SPGアメックスの会員本人以外にも家族や親族も補償されるのか気になりますよね。


この記事では、以下のような方にオススメの内容となっています。

  • SPGアメックスにはどんな旅行保険が付帯しているのか知りたい
  • SPGアメックス以外で旅行保険の補償が手厚いクレジットカードが知りたい
  • 万一、旅行先でアクシデントに遭った場合、どこに連絡したらよいか知りたい


特にこれから旅行に行かれる方は出発前に必読です!

では、さっそく解説していきます。

SPGアメックスに付帯してる旅行保険

SPGアメックスに付帯する保険は大きく分けて3つあります。

1.海外旅行保険(自動付帯)
⇒SPGアメックスを利用すると補償額アップ

2.国内旅行保険(利用付帯)

3.その他旅行に関する保険


海外旅行保険は自動付帯(カードを持っているだけで補償を受けられる)、国内旅行保険は利用付帯(カードを利用すると補償を受けられる)になっています。

SPGアメックスの海外旅行保険は、海外旅行代金などをSPGアメックスで支払う(カードを利用する)と補償額がアップします。


また、海外&国内の旅行保険以外にも、
乗り継ぎ便の遅延や出航遅延・欠航、受託手荷物遅延、荷物の紛失など旅行中に起きたトラブルに対する保険も用意されています。

海外旅行保険で補償を受けられる人(被保険者)

SPGアメックスの海外旅行保険の補償を受けられるのは以下の通りです。

・カード会員本人

・配偶者

・カード会員と共に生計を共にする子供

・両親などの親族


※親族とは6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方を示します。

補償内容は条件によって異なりますので、必ず会員規約集、規定集、保険デスクで確認しましょう。

SPGアメックス付帯の海外旅行保険

SPGアメックスの海外旅行保険で補償される期間は、海外旅行を目的に日本国内の住居を出発してから住居に戻ってくるまで最長90日間補償されます。

SPGアメックス付帯の海外旅行保険は、旅行代金をSPGアメックスで支払ったかどうかで補償額が異なります。

SPGアメックスのカード会員本人の傷害死亡・後遺傷害保険金額は最高1億円(利用付帯)

下の表は、海外旅行の代金をSPGアメックスで支払った場合(利用付帯)の保険金の一覧です。

保険の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1000万円 最高5000万円 最高1000万円


保険金が最高1億円となるのは、旅行前にSPGアメックスで国際線の航空券や国際線の船舶のチケット、パッケージツアーの料金を支払った場合に適用されます。

 

下の表は、海外旅行の代金をSPGアメックスで支払っていない場合(自動付帯)の保険金の一覧です。

保険の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円 最高1000万円 なし なし


条件を満たさなかった場合や自動付帯の場合の傷害死亡・後遺傷害保険金額は最高5000万円となります。

家族カード会員やその家族は、自動付帯の海外旅行保険はないのでご注意下さい!

傷害治療費用保険(ケガ)、疾病治療費用保険(病気)は最高300万円(利用付帯)

下の表は、海外旅行の旅行代金をSPGアメックスで支払った場合(利用付帯)の保険金の一覧です。

保険の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円


海外旅行先でケガや病気をした場合、SPGアメックスに付帯している海外旅行保険は最高300万円です。

 

下の表は、海外旅行の代金をSPGアメックスで支払っていない場合(自動付帯)の保険金の一覧です。

保険の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害治療費用 最高200万円 最高200万円 なし なし
疾病治療費用 最高200万円 最高200万円 なし なし


条件を満たさなかった場合や自動付帯の場合の傷害治療費用・疾病治療費用は最高200万円です。

「カードを利用せず、持っているだけで最高200万円補償してくれるならカバーできそう」

と思われると思います。

しかし、海外でケガや病気で治療や入院をすると、数百万円の医療費を請求されることは普通にあります。

つまり、クレジット1枚の保険だけでは海外の医療費はまかなえない可能性が高いです。

そのため、SPGアメックスのみの補償額では正直なところ不安があります。

海外の医療費は複数枚のクレジットカードの海外旅行保険でカバー

SPGアメックス以外にお持ちのクレジットカードがあれば、医療費の不足分を複数のクレジットカードに付帯の保険でカバーすることができます。

つまり、旅行傷害保険は各クレジットの補償額を合算して使うことができるのです。

 

年会費が永年無料で海外旅行傷害保険が「自動付帯」で充実した補償額のエポスカードは複数持つクレジットカードとして最適です。

特に、傷害治療費用保険(ケガ)は最高200万円、疾病治療費用保険(病気)は最高270万円と年会費無料のクレジットカードの中では最高レベルの保険金額、年会費が有料のクレジットカードを含めても上位の水準であるのが特徴です。


▼▼▼関連記事はこちら▼▼▼

「エポスカード」は年会費無料なのに海外旅行保険の補償が充実の使いやすいカード


「複数のクレジットカードを合算しても保険金額に不安を感じる」という方や

「海外旅行保険を検討している」という方は、別途、海外旅行保険に加入して足りない分をカバーしていくのが安全策です。

SPGアメックス付帯の国内旅行保険

SPGアメックスの国内旅行保険は完全に利用付帯です。自動付帯は補償なしです。

SPGアメックスを持っているだけでは補償されませんのでご注意ください。

下の表は、国内旅行の旅行代金をSPGアメックスで支払った場合(利用付帯)の保険金の一覧です。

保険の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円 最高1000万円 最高5000万円 最高1000万円
その他の補償 なし なし なし なし


補償内容は傷害死亡・後遺傷害保険金のみです。(最高5000万円

傷害治療費用保険や疾病治療費用保険を付けたい場合は、他のクレジットカードに付帯している保険を合算したり、別途保険契約が必要になります。

SPGアメックス付帯の航空便遅延保険

航空便遅延保険には4種類の補償ががあります。

①乗り継ぎ遅延費用(最高20000円)

②出航遅延・欠航・搭乗不能費用(最高20000円)

③受託手荷物遅延費用(最高20000円)

④受託手荷物紛失費用(最高40000円)

航空便遅延保険の保険対象者は、カード会員本人のみです。

①乗り継ぎ遅延費用(最高20000円)

飛行機の乗り継ぎ時に4時間以上遅延が起こった場合に保険金が支払われます。

支払われる保険金は被保険者が負担した宿泊代や食事代などです。

保険金は最高20000円までになります。

 

②出航遅延・欠航・搭乗不能費用(最高20000円)

出航予定時刻から4時間以上の出航遅延、航空便の欠航、運休、搭乗不能の場合、出航予定時刻から4時間以内に代わりとなる他の飛行機が利用できなかった時に保険金が支払われます。

支払われる保険金は被保険者が負担した食事代のみです。

(ホテル代などは対象外ですのでご注意!)

保険金は最高20000円までになります。

 

③受託手荷物遅延費用(最高20000円)

飛行機に乗る際に預けた荷物(スーツケースなど)が6時間以内に手元に届かなかった場合、手荷物遅延とみなし、渡航先で必要なものを購入する費用を補償してくれます。

目的地に到着後、48時間以内に負担した衣料品や生活必需品などの購入費用です。

保険金は最高20000円まで支払われます。

 

④受託手荷物紛失費用(最高40000円)

飛行機に乗る際に預けた荷物が48時間以内に手元に届かなかった場合、荷物は紛失したものとみなし、渡航先で必要なものを購入する費用を補償してくれます。

目的地に到着後、96時間以内に負担した衣料品や生活必需品などの購入費用です。

保険金は最高40000円まで支払われます。

保険の請求をする場合、必要な書類を確認

保険の請求は海外旅行の場合、帰国後に行います。

必要な基本の書類は以下3点です。

・遅延・欠航証明書(航空会社が発行)

・航空券

・レシート

レシートは普段はもらわなかったり捨ててしまうという方もいらっしゃるかと思いますが、保険を請求する場合は必要になります。

必ず受け取って保管しておきましょう。

海外で困ったことがあったら「オーバーシーズ・アシスト」に連絡

SPGアメックスには「オーバーシーズ・アシスト」という世界中のほとんどの国から24時間通話無料、またはコレクトコールで利用できるサービスがあります。

オーバーシーズ・アシストは、海外のレストランの予約をはじめ、緊急時のメディカルサービスやトラブルに遭遇した際の弁護士紹介など(リーガルアシストサービス)非常に助かるサービスです。

オーバーシーズ・アシストを利用する際の注意点

オーバーシーズ・アシストを利用する際は、事前に以下の点を確認しておきましょう。

①オーバーシーズ・アシストは海外でのみ利用できるサービス

日本国内ではオーバーシーズ・アシストのサービスは利用できません。

②オーバーシーズ・アシスト利用時は、以下の情報を準備しておく

・カード会員番号

・連絡するための電話番号

・正確な住所

オーバーシーズ・アシストに連絡すると、最初にいくつかの確認事項があるのであらかじめ準備しておくと良いです。

③地域によって電話番号が違う

オーバーシーズ・アシストは地域によって電話番号が異なります。

お電話の際は滞在地域の電話番号にかけましょう。


▼▼▼各地域の電話番号の確認はこちらから▼▼▼

SPGアメックスの旅行保険のまとめ

SPGアメックスの旅行保険を解説しました。


・SPGアメックスは海外旅行保険の補償が手厚いクレジットカード

・海外の医療費は高額。
傷害治療費用保険(ケガ)と疾病治療費用保険(病気)はSPGアメックス+他のクレジットカードで医療費の不足分をカバー

・年会費無料で海外旅行保険が手厚いクレジットカードは「エポスカード」

・SPGアメックスの国内旅行保険は利用付帯のみ

・海外で困ったことがあったら「オーバーシーズ・アシスト」に問い合わせ

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

最後までお読み頂きましてありがとうございました!



最新情報をチェックしよう!